広告制作のプロの任せて印象をあたえるCMを作ろう

DVDの注意と書き込み

購入する場合に注意すること

DVDはディーブイディーと読み、自分でパソコンなどを使い作ったデータを記録する(書き込みといいます)ことが出来るものです。サイズと見た目はコンパクトディスクとほとんど同じになっています、DVD制作には使えないので間違えないようにしましょう(ちなみにコンパクトディスクはCDと呼ばれています)。 そして映画などが入っているビデオディスクではDVD制作をすることが出来ません、データを記録したいときはブランク(空の)メディアを買ってきましょう。 DVDを購入するときには値段にも注目しましょう、その作ったデータが大事なのならば安すぎるメディアは避けた方が無難です。安物は年月がたつと高い値段のDVDに比べてデータが消えてしまう確率が格段に上がってしまいます。

DVDの書き込みについて

DVD制作するときの書き込みには購入するDVDによって出来る方法が違います、一回書き込んだらそれで終わりの物と、書き込んだ物を消してまた書き込めるように出来るものがあります。 一回書き込みのものは『R』と最後についています、消し書きが出来るものは『RW』と書いてあります。使い道としては『R』は消せないので消すつもりが無いデータに使うのはもちろんのこと配布したいデータの場合にも使えます。『RW』は頻繁に更新するデータに使いましょう、あとからいらなくなるかも知れないデータもこちらに書き込んでおくとDVD代が浮くのでよいです。 現在ではDVD制作は簡単に安価に出来るものですのでデータを残したいのならやってみましょう。